埋もれ毛対策

埋もれ毛は、ムダ毛の自己処理の失敗が原因となって起きる現象です。

ムダ毛の自己処理を正しく行うことで、ある程度の埋もれ毛予防できます。

例えば、埋もれ毛が最も起こりやすいのは、毛抜きを使ってムダ毛を引き抜いた場合の、毛穴の傷が原因となるケースです。ムダ毛の自己処理に毛抜きを使わない事が最適です。

どうしても抜く事が必要となった場合、毛抜きでの自己処理の後には、大きな負担がかかってしまった毛穴に雑菌が入らないようアイシングで引き締め、美容クリームや美容液で保湿しましょう。

毛を抜いた後の毛穴に血がにじんでしまった場合には、薬用の軟膏(なんこう)を塗ることをオススメします。カミソリを使ったムダ毛の自己処理でも埋もれ毛は起こります。

毛抜きを使った自己処理の場合と同様に、カミソリで自己処理をした後のお肌はクリームや化粧水・乳液などでお肌の負担をケアしてあげましょう。

これらのムダ毛処理方法は、金銭面からも手間の面からもお手軽な反面、お肌にかかる負担が大きいです。

費用や時間に余裕のある方は、エステティックサロンでプロの手にお任せするムダ毛処理をオススメします。

脱毛でムダ毛処理

埋もれ毛は脱毛できるの?

 埋没毛は、ムダ毛の自己処理が原因で毛穴の出口付近についた傷が治癒するときに、毛穴の出口をふさいでしまって起きる現象です。

 毛根はどんどんムダ毛を生産し育てていくのに、毛穴の出口がふさがっているので外まで伸び出る事ができずに、皮膚の中でとぐろを巻いてしまいます。

 皮膚を切り開いて外に毛を出すという方法も可能ですが、それが原因となって新たな埋没毛が出来てしまう可能性もあり、堂々巡りです。

 エステティックサロンやクリニックなどで採用されている、特殊な光を使った脱毛方法なら、皮膚に傷をつけることなく、皮膚の下に埋もれている埋没毛の脱毛をすることが可能です。

 もちろん、「エステティックサロンやクリニックと同じ方式である」と売りだしているフラッシュ式やレーザー式の家庭用脱毛器であっても、同じ対処が可能です。

 これらの脱毛方法では、毛根を焼き殺してムダ毛の発毛機能を失わせます。皮膚の下でとぐろを巻いていたムダ毛の全てを焼き、完全に消滅させる事はできません。

 まずはそれ以上皮膚の下で伸び続けることをまずストップさせる事で、皮膚の新たな生産の過程で徐々にキレイになっていくのです。

埋もれ毛を格安で脱毛するならこちら