脱毛クリニックのメリットとデメリット

プロの脱毛には、脱毛専門サロンやエステティックサロンで受けられるものと、美容クリニックなど医療機関で受けられるものとの二つがあります。どちらも、主流として採用している脱毛方法はほぼ同じなのですが、医療機関で受けられる脱毛の方が、より一層その効果が高いというメリットがあります。

医療機関で使用される脱毛器は、脱毛サロンなどで使用される脱毛器にくらべて、レーザーの出力が極めて高いためです。レーザーの出力は、言うまでもなく高ければ高いほどムダ毛抑制に効果があるのですが、その分、ヤケドや肌の炎症などに対する危険性も高まってしまうため、通常の脱毛サロンでは最大出力でもそれほど高くは出来ないように設定されています。

しかし医療機関では、医師免許を持った者が施術にあたるため、最大出力が非常に大きい脱毛器を使用することが許可されているので、医療脱毛の方が脱毛の効果をすぐに実感しやすいことが一番にあげられます。効果が実感しやすいというのは、短期間・短時間でムダ毛処理が完了するということです。

ただ、美容皮膚科や美容クリニックといった医療施設で受けることのできるいわゆる医療脱毛は、脱毛費用が高いというデメリットがあります。

一般的な脱毛サロンなどに比べるとずっと高い出力での脱毛が望めるわけですからそれも仕方ないといえますが、学生さんなどにはちょっと厳しいかもしれません。最近は、学割や低料金で脱毛を受けることができるクリニックも増えてきましたが、まだ脱毛サロンに比べると割高です。

イラストGまた、医療脱毛では脱毛サロンやエステサロンのようなリラックス空間を期待することはできません。一応、美容クリニックとして、女性客に適した内装や環境づくり、接客が心がけられてはいますが、完全に「癒し」を意識したサロンとは異なり、あくまで「医療」が第一に考えられていますから、施設内にはそれなりの病院感が漂っています。それゆえに緊張して痛みを強く感じてしまう人も少なくないようです。

医療機関は通う期間は脱毛サロンより短く、痛みもあるが安心して永久脱毛をすることができる。