脱毛できない箇所はどこ?

身近なムダ毛の処理といえば、脱毛ですよね。ここ数年で脱毛は、光やレーザーを使用した脱毛方法が主流になってきています。

 一般的に脱毛サロンでは光レーザーが主流ですし、医療機関であるクリニックなどで行える脱毛も医療用の脱毛レーザーが普及しているのではないでしょうか。

 しかし、これらの方法にも脱毛することができないところがあります。先ず、これらの脱毛原理を確認してみましょう。医療用レーザーや光脱毛は、ほとんどがムダ毛のメラニン色素に作用して脱毛を行っていくというものです。このメラニン色素は何も、ムダ毛だけに存在するものではありませんし、肌にもメラニン色素は存在します。

 特にメラニン色素が、活発化している個所はシミやソバカスとして表れてきます。そのため、肌でも特にシミがある個所の脱毛はできないといわれています。また、色素沈着を起こしてしまっている所も脱毛はできないと考えた方がいいと思います。

 もし、無理やりにでもこの個所に脱毛機を使用すると、かなり痛みが伴いますしエネルギーの方も肌に分散化してしまうので全く意味がありません。

 脱毛は、色素沈着、もしくはシミが出来ている個所にはできないということを事前に把握しておきましょう。

日焼けした肌での脱毛は危険

夏場はどうしても肌の露出が増え、日焼けをしてしまうのですが、日焼けした後に脱毛するのが危険だということはご存知だったでしょうか。

 でもどうして日焼け後の脱毛は危険なのでしょうか?

 それは、日焼けした状態の肌と使用される脱毛機などの特徴を考えると答えが見えてきます。

 日焼けをすると、とうぜん紫外線をたくさん浴びた状態になりますよね。そうすると肌の中でメラニン色素が活発化している状態にもなります。

 通常、脱毛機の放つ光は、ムダ毛のメラニン色素に作用して脱毛を促していくという仕組みになっており、日焼けした状態で脱毛するということは肌のメラニン色素にも作用するということになります。そのため、日焼けした後、脱毛機を使用すると非常に痛みが伴ってしまい危険な状態になります。

 その上、脱毛効果の方も日焼けした肌にエネルギーが分散してしまい、全く効果が期待できません。

 もし脱毛するときは、必ず日焼けはせずに、また外出するときも日焼け止めクリームを塗るなどして紫外線対策をしておく必要があります。

 万が一にも、日焼けをしてしまった場合は数カ月は脱毛は控えるようにしましょう。

ムダ毛自己処理の危険性はこちら